病棟紹介

入職動機、仕事内容、やいりがいについて

新人看護師

安心して学べる環境です

サンプル画像
2017年4月入職

学生時代の病院実習を当センターで受けました。
先輩たちが優しく指導してくださったのと、患者さんにも丁寧に接していたのが印象的で「私もここで一緒に働きたい」と思い、入職を希望しました。
1年目は、プリセプターの先輩が、技術の習得度合いなどをきちんと把握して、未経験のケアなどを経験できるよう配慮してくださるので、安心して学ぶことができました。
仕事の優先順位をきちんと把握して動けるようになるのが当面の目標です。

3年目

人の回復力の素晴らしさに感動

サンプル画像
2015年4月入職

4B病棟には、循環器疾患の患者さんが入院されています。
安静の必要がある患者さんでも動きたいとおっしゃる方に、必要性をどう説明して理解いただくかなど、毎日が学びと工夫の連続です。
一方で、大きな手術をされた後でも少しずつ回復される姿に間近で接し、人の持つ可能性や回復力のすばらしさを感じることも。
さらに患者さんが安心して治療に臨めるよう、院内外の勉強会や研修にも積極的に参加していきたいと考えています。

5年目

視野を広げスキルアップしていきたい

サンプル画像
2013年4月入職

能力に合わせて目標を設定して、段階を踏んで成長できる、能力開発ラダーのレベル4までを修了するところです。
この頃では病棟のチームナーシングのリーダーを務め、全体を見ながら指示をしたり、後輩指導したりする場面も多くなってきました。
次のレベル5では、看護管理や退院調整も学んで視野をもっと広げていけたらと思います。
そして、今後どの方向でスキルアップしていくか、興味のある専門分野を見つけていきたいです。

助産師

主体的なお産ができるようニーズに寄り添う

サンプル画像
2017年4月入職

当センターの産婦人科には、ハイリスクの妊産婦さんから、婦人科系疾患の方まで、さまざまな方が入院されており、1年で幅広い経験をさせていただきました。
外来での妊婦健診、分娩介助、赤ちゃんのケア、退院後の健診や育児教室など、継続して母子に関われる点にもやりがいを感じます。
これからも向上心を持ち、一人でも多くの方が安全に妊娠、出産、産後を過ごせるよう、先輩たちのように寄り添っていける助産師になりたいです。

手術室看護

手術室看護ならではの学びがあります

サンプル画像
2004年4月入職

手術室に配属になり12年。手術室ならではの看護の学びや広がりを感じています。
患者さんへの侵襲を少しでも軽減するため、一歩先を読んでの機械出しや、体温や全身状態に気を配るなど手術中の看護はもちろん、麻酔科外来でのご説明や、術前・術後訪問、麻酔前の声かけなど、患者さんやご家族の不安軽減も大切な役割です。
さらに、カテーテルや内視鏡検査の介助など、幅広い経験をしながら、この分野を深めていきたいと思います。

ママさん看護師

自信を持って働き続けられる環境です

サンプル画像
2012年4月入職

当センターに入職後、第一子を出産しました。
最長で3年間取れる育児休業を2年半利用し、もといた総合内科病棟に復帰。その後も子育て時間として、早退や遅出ができ、無事に子育てと仕事の両立生活をスタートすることができました。
また、復帰1年目に、外部の実習指導者研修にも出してもらえたことも、モチベーションにつながりました。
自信を持って長く働き続けられるよう、支援していただけるのが、とてもありがたいですね。

JNP

知識と技術をさらに向上させていきたい

サンプル画像
診療看護師(JNP)として外科に配属されて2年目になります。
以前、外科病棟の看護師として当院に勤務していました。看護師として、医師がすぐに対応することが困難な時でも、患者さんへより迅速で的確な医療を提供したいと思い、診療看護師を目指しました。
診療看護師として、医師・看護師をはじめとした他職種と関わりながら診療に携わる中で、自分だけでは気づかない視点で患者さんの病態に気づくこともあり、医療チームの一員として学びの多い毎日を送っています。
今後は外科の診療看護師として、より多くの患者さんに対応できるよう、知識と技術をさらに向上させていきたいと思います。