見出し

継続教育 - スペシャリスト -

当センターの看護師が、仕事を通して自己成長し続けられるよう、スキルアップとキャリア開発を支援するための、4つの看護専門領域コースを設定しています。
力を入れていきたい領域の研修を選択式で受講することが可能です。興味関心があれば、基礎看護コースを修了していなくても参加できます。

看護専門領域コース(skill up)

1) 当院が基幹診療施設としての役割を果たす「がん看護」「急性期看護」分野や、より専門的な看護を実践する「高齢者看護」、「看護管理」など自己の能力を積極的に高め、将来のSpecialistを育成するためのコースがあります。
2) 原則として、Basicコースからスタートし、Step-Up、Power-Upコースと進むのが望ましい。
3) キャリアアップを目指す看護師が主体的に学習する選択研修とし、個人の時間内で受講します。
サンプル画像

看護管理

レベル研修名研修のねらい・目的行動目標
Basicふぞろいの林檎たち/ナラティブ中堅以上の経験を持つ看護師として看護を語る事の意義を知り、自身の看護を言語化する能力を養う。・自己の看護を言語化できる。
・共感的態度で情報共有できる。
・看護の伝承者としての役割を理解する。
論文作成基礎・自己の考えを論理的に他者へ伝える
・研究論文、課題論文など書くためのスキルを上げる
・論理的な文章を書くための方法を学ぶ
看護研究①・研究的態度の醸成
看護研究を取組むことで看護の質向上を目指す
・看護研究の基礎的知識を理解する
看護研究②・量的研究の方法を理解する
看護研究③・質的研究の方法を理解する
Step-Up次年度
実地指導者
・後輩指導を通して、ともに学ぶ看護師を育てる・新人看護師を支援するための自己の役割が理解できる
・新人への看護術指導を通して、自己の看護技術を見直す
実習指導者看護教育における実習の意義、実習指導者としての役割を理解し、実践できる・看護教育における実習の意義と目的が理解できる
・実習指導に必要な知識が理解できる
・実習指導者の役割が理解できる
Power-UPファーストレベル看護協会等 ファーストレベル講習会に参加

高齢者看護

レベル研修名研修のねらい・目的行動目標
Basic排尿ケア
Basic

患者の排尿に関するGOLを高める
排尿自立指導加算算定要件

・下部尿路機能の病態とアセスメント
・病棟における排尿ケアが実践できる

Step-Up褥瘡創傷ケア
StepUp

将来の皮膚排泄ケアCNを目指すための実践力向上をはかる
・褥瘡ケアが実践できる
・褥瘡対策チームの活動が理解できる
精神看護
StepUp

人々が様々な困難に直面してもその人らしさを失わないよう、患者が本来持つストレス対処力を発揮できるよう働きかけられる看護を目指す
身体疾患患者によく認められる精神症状と介入、精神看護の原則、治療的なコミュニケーションの技法の知識と技術を習得することができる

がん看護

レベル研修名研修のねらい・目的行動目標
ELNEC-J
(公開講座)
がん看護/高齢者看護

ELNEC-Jの基盤となるEOLケアの概念について学び、質の高いEOLケアを提供するために他職種チームの一員として看護師に求められる役割と基本的態度について考える
・EOLケアの基本的な考えを説明できる
・EOLケアを取り巻く状況の変化や現在の課題について説明できる
・EOLにある人をアセスメントの視点について説明できる
・他職種チームアプローチの必要性について理解できる
・EOLケアを提供する看護師に求められる基本的態度について理解できる

POWER-UPELNEC-J指導者
・ELNEC-J指導者研修(外部研修)

急性期看護

レベル研修名研修のねらい・目的行動目標
BasicBLS
教育研修部主催 院内BLS講習会またはACLSコース等を主体的受講する
Step-Up重症集中ケア
1~3

重症集中ケアが必要な患者の看護が理解できる
・集中ケアが必要な患者のアセスメントが理解できる
・集中ケアの看護ケアの方法が理解できる

研修領域・項目研修のねらいと主な内容
看護管理専門職業人として自己の看護を内省し、看護観を構築する。倫理や看護観をもって患者・家族の意思決定を支援していく。そして一人ひとりが自己成長のために自分の目標にあったキャリアが描けるよう、キャリア支援を行っていく。
また、メンバーシップ・リーダーシップを発揮するために必要な知識・技術・態度を学ぶ。
ともに育つ看護師を育成するために、看護研究や後輩指導に必要な能力を習得する。また組織の一員として、診療報酬や退院調整、看護管理の基礎について学ぶ。
高齢者看護高齢者、急性期などハイリスクの対象が多く、新たな褥瘡の発生を防ぐためにスキンケアに関する基礎的な知識・技術を学び、褥瘡予防・褥瘡ケアを実践できる能力を習得する。
専門領域コースではさらに失禁ケア・ストマケアなど事例を通して専門的な知識を学ぶ。また認知症看護、せん妄、摂食嚥下など高齢者特有の看護を学ぶ。
家族看護に必要な知識を学ぶ。
がん看護地域におけるがん診療拠点病院の看護職員として、対象の特徴とがん看護の基本、治療及び症状に対する看護、がんの経過に伴う看護について学び、がんの患者・家族のQOL向上を目指した看護実践ができる能力を習得する。
我が国では少子高齢化が進み、「高齢・多死社会」を迎える。看護師は、人々のQuality of Life (QOL)を維持・向上させること、患者の尊厳ある人生の最期を支えるとともにその家族に安心を与えること、つまり“質の高いEOLケアを提供する”という重要な役割を担っている。
その役割を果たすために患者のニーズに応じて適切なケアを提供できる知識・技術が不可欠であり、そのための知識・技術を系統的に学習する。
(ELNEC-Jより)
急性期看護総合救急医療施設として、危機的状況にある対象の理解、病態やフィジカルアセスメントができ、急性期(周手術期含む)における対象への看護実践できる能力を習得する。
フィジカルアセスメントは先輩看護師が後輩へ指導するための技術も習得する。
看護技術看護師として身につけておくべき基礎知識・技術を学ぶ。日常生活援助技術では、身体に何らかの機能障害がある対象や日常業務の中で起こりやすい場面を想定し、対象の安全、事故防止の視点から援助できるようにシミュレーション教育を通して学ぶ。
診療の補助技術では、薬物療法における誤薬防止の視点を強化して習得する。
医療安全・感染管理対象にとって安全で安心な療養環境の提供ができるよう、医療事故、ヒヤリハット事例から分析の仕方を学び、医療事故防止対策が実践できる能力を習得する。
また感染管理について正しい知識と、適切な感染予防対策ができる能力を習得する。
災害看護災害拠点病院の看護職員としての自覚を一人ひとりが持ち、災害時における看護を理解し、実践できる能力を習得する。将来のDMAT隊員の養成も視野に入れ、ラダー教育を実践する。

認定看護師

当センター看護部では、現在12領域21名の認定看護師が活躍しています。認定看護師は、特定の看護領域における実践、指導、コンサルテーションの役割を果たす存在です。その活動の場は院内にとどまらず、地域の医療・介護・福祉等の専門職や一般市民に向けた啓発活動や技術、知識向上のためのサポートまでに広がっています。
認定を目指す看護師は、当センターでは基本給はそのままに、研修機関に通うことができます。取得後も、センター内の他領域の認定看護師と情報交換や連携ができ、さらなるスキルアップが可能です。

認定看護師からのメッセージ

皮膚・排泄ケア認定看護師からメッセージ

サンプル画像
創傷・ストーマ・失禁ケアの専従看護師として、病院全体を対象に活動しています。病棟からの問い合わせに応えたり、皮膚科医師、形成外科医師、薬剤師、栄養士とチームで褥瘡回診をしたりと、忙しいながらも充実した毎日です。
ほかに、ストーマを造設された患者さんへのサポートや、院外へ出向いての訪問看護師への褥瘡ケアの指導なども行なっています。信頼され相談しやすい存在でいられるよう、これからも勉強を続けていきます。
(伊藤はる美/2007年4月入職)

集中ケア認定看護師からメッセージ

サンプル画像
入職後、救命救急センターへ異動になった頃から、初療の大切さはもちろん、重症患者さんのその後のケアの重要性を感じ、集中ケアの認定に挑戦しました。
現在も救命救急センターのICUで看護実践をしつつ、後輩指導に取り組んでいます。病棟から重症の方の相談を受け、一緒にケアをしたり、早期離床チームの一員として廃用症候群の予防にも取り組んでいます。
少しでも興味があったら、認定に挑戦してみると世界がぐんと広がりますよ。
(佐藤 圭/2007年4月入職)