教育(卒後教育・継続教育)

東京医療センターの理念

東京医療センターは患者の皆様とともに健康を考える医療を実践します。

病院の運営方針
・ 良質で専門性の高い安全な医療を提供します
・ 十分な説明と同意のもとで安心の医療を提供します
・ 教育、研修、研究を推進し、良き医療人の育成に努めます
・ 健全な経営に努め、地域に信頼される医療を推進します

東京医療センター看護部の理念

心の豊かさを重視した質の高い看護を提供する

看護部方針

病める人の生命・権利・意思を尊重し、安心と信頼に応える看護を提供するとともに、仕事を通して自己成長を図る。

Mission:患者の皆様とともに健康を考える
Vision :患者家族の意思決定を支援する 仕事をすることで成長していく
Value :心穏やかに

看護部院内教育の考え方

1.求める看護師像と教育目的

サンプル画像
東京医療センターの教育は、看護部の理念にある「心の豊かさを重視した質の高い看護」を患者・家族に提供できる看護師を育成することです。
「心の豊かさ」とは、先輩看護師と後輩看護師が、患者の意思を尊重した看護を提供し、ケアを受ける患者の様子から、ともに心穏やかな時間を共有できることです。
患者の安心と信頼に応えるために、知識に裏付けられた正確で、安全な看護を提供しつつ看護を学び、看護観を深め、仕事を通じて自己成長していく看護師の育成を目指しています。

2.教育目的と教育プログラムの関連、各プログラムの位置づけ

「心の豊かさを重視した質の高い看護」という看護部の理念に基づき、患者・家族の意思決定を支援し、質の高い看護を実践できるジェネラリストを育成するために、ラダーに基づく看護基礎コースを設定しています。
研修の領域・項目は、看護基礎コースでは「看護管理」「医療安全・感染管理」、「災害看護」「急性期看護・がん看護」「高齢者看護」ついて教育内容を抽出しています。
また仕事を通して自己成長を図り、キャリア開発を支援するため、4つの看護専門領域コースを設定しました。

看護部教育体系図

教育体系図

能力開発ラダー(教育体系)の考え方

レベルⅠ(新卒1年目)レベルⅤ(中堅看護師)の能力向上を目指し、機会教育(OJT)と集合教育(OFF-JT)を通して段階を踏み、経験を積み重ねながら学んでいきます。
看護の専門職として、自分の実践した看護を常に振り返り、意味づけを行いながら自分の目指す看護は何か探究していきます。
目指す看護の過程において、さらなるキャリアアップを目指し、より専門性の高い治験コーディネーターや認定看護師、専門看護師、診療看護師等への道や、看護管理者、看護教育者としての道を選択し、学んでいくことができます。

1) レベルⅠ:(新卒から概ね1年まで) 看護実践に必要な基本的能力を習得する
2) レベルⅡ:状況に応じた看護実践ができる ・後輩指導に関わる
3) レベルⅢ:個別性を重視した看護実践ができる ・後輩の学習を支援する
4) レベルⅣ:看護実践者として後輩に指導的役割が果たせる
        チームリーダーの役割行動がとれる
5) レベルⅤ:役割モデルとなり専門性を発揮し、管理・教育的役割を担い、研究への取り組みができる

各段階の教育方法

1) レベルⅠ~レベルⅢ:集合教育と機会教育を連動させ、先輩看護師の支援を受けて実践能力を図る
2) レベルⅣ~Ⅴ:おもに臨床の場において副看護師長、看護師長の支援を受けて実践能力の向上を図る